平等院(凤凰堂)

日本的观光景点 平等院(凤凰堂) 的观光资讯/旅游信息


【世界遗产】平等院(凤凰堂)4.8

去这里查询路线
最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

平等院中以保存了11世纪以来样貌依旧的木造建筑凤凰堂最为有名。凤凰在佛教中被视为守护神的象征而受到尊崇,相传镇座在池子上的殿堂是模仿凤凰的模样所建造,凤凰堂大殿里供有一座阿弥陀佛像。凤凰堂的图样还被刻在了10日元的硬币上。
院内博物馆的展览也相当出色,平等院入口处的藤架也堪称为绝景。宇治作为绿茶的生产地而广为人知,通往平等院的道路上到处都有出售茶叶以及相关商品的店铺。

目的面向年长者,世界遗产,面向家庭,艺术爱好者,观光景点
最近的机场/车站伊丹机场 (大约35.3公里) 查询路线

评论

3.06个月前

不会日语的就别多花那300日元进去了。里面就是一尊佛像。导游在里面讲解了10分钟的凤凰堂历史文化,一句没听懂,跟做听力似的。

5.01周前

高い建物があたりになく、境内では昔の景色そのままなのではないだろうか。また緑にかこまれているのがよい。なぜなら鳳凰堂が赤色で対照的な色合いを作っているから。
あたりの宇治抹茶を連想させる緑でもある。
鳳凰堂内部にはいるには追加で予約が必要で、一時間に2枠ペースで4時くらいまでの分をその日のうちに予約できる。(映画の予約のイメージ)

5.02周前

【世界文化遺産】
関白藤原道長が左大臣源重信の婦人から譲り受けた別業(別荘)を、その子頼通が永承7年(1052)にこれを仏寺に改め平等院としました。
永承7年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。
その翌年の天喜元年(1053)には平等院の鳳凰堂が落慶し、堂内には平安時代の最高の仏師・定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置されました。
【国宝】指定は「中堂」「両翼廊(南)(北)」「尾廊」の4棟。
平安時代後期、天喜元年(1053)に、時の関白藤原頼通によって平等院に建立された阿弥陀堂です。華やかな藤原摂関時代をしのぶことのできるほとんど唯一の遺構として、このうえなく貴重な建築です。最も大きな特徴は池の中島に建てられていることで、あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、その美しい姿を水面 に映しています。

5.01周前

市街から離れていてもこの人出。4月末から5月GWにかけての藤の花のすばらしさ。社会の資料集に出ている絵。本物はこうかと。ホンモノを見るべき。京都に住んでいる人はいいなあといつもおもう。

3.01个月前

十円硬貨に描かれているお寺‼️平安時代後期に建てられたお寺みたいです❗1994年に世界遺産に登録されました❗拝観料 庭園+鳳翔館 大人600円 中高生400円 小学生300円 内部拝観料 別途300円懸かります❕内部拝観受け付けで予約‼️見学所要時間一時間位でしょうか!‼️追伸一万円札の裏に描かれているのもここ平等院鳳凰堂鳳凰みたいです❕ 平安神宮とよく似てて見間違えました‼️🙏

点评 (共0条)