富贵寺

日本的观光景点 富贵寺 的观光资讯/旅游信息


富贵寺4.2

去这里查询路线
最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本国宝富贵寺大堂周边满是红叶以及银杏树,人文景观与自然景观融为一体,是一定要来观赏的地方。每年草木变色的时节:11月中旬;每年观赏的最佳时节:11月中旬—12月上旬。传说国宝富贵寺是由一棵榧子树建造而成的。其旁边种植有众多银杏树,银杏叶变黄的时候吸引了众多的写真家以及游人前来参观。银杏叶掉落于地,地上就像是铺了一层金色的绒毯一样,甚是美丽。

目的面向年长者,面向日本通,神社/寺庙,艺术爱好者,赏枫,观光景点
最近的机场/车站福冈机场 (大约100.4公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

4.02年前

国宝 富貴寺大堂(阿弥陀堂)

4.0本周

大分県豊後高田市の富貴寺は 平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた。

富貴寺大堂は阿弥陀堂建築で、内部の壁画と共に平安美術の傑作とされる。

貴重な阿弥陀堂であり、現存する九州最古の建築である。正面3間・側面4間で回縁があり、屋根は宝形造で筋くれ立つ竹を並べたような行基葺。壁部はすべてカヤの白木が用いられ、内部は板敷・格天井で、中央の4本の柱をはじめ極彩色の絵画の跡が残る。

富貴寺大堂は 平山郁夫の作品でよく知られており、緑深い中にひっそりと建っている。
シルクロードの乾燥した地域を題材にしてきた平山郁夫が、この 苔むした境内に佇む千年以上の時を経てきた阿弥陀堂を描いたのはどういう心境だったのかと考えた。

お昼は 豊後高田の「昭和の街」の近くにある「十割蕎麦ゑつ」に行った (富貴寺から車で10数分)。昭和の街は商店街の街並みがレトロで、なかなか趣がある。
蕎麦は歯応えがあってしっとりしていて、富貴寺大堂の見学の際にはお勧めである。

小林秀雄の『無常といふ事』で、坂本でそばを食べるくだりがあるが、富貴寺の佇まいを思い出しながら十割蕎麦を食べると、小林秀雄のいう「無常」が心に迫ってくるようだった。

《 先日、比叡山に行き、山王権現(さんのうごんげん)の辺りの青葉やら石垣やらを眺めて、ぼんやりとうろついていると、突然、この [『一言芳談抄』の ] 短文が、当時の絵巻物の残欠でも見る様な風に心に浮び、文の節々が、まるで古びた絵の細勁(さいけい)な描線を辿る様に心に染み渡った。そんな経験は、初めてなので、酷く心が動き、坂本で蕎麦を喰っている間も、あやしい思いがし続けた。》

5.010个月前

Chico每天都在骂☺️

5.02个月前

尽管交通不太方便,但它是国宝。平安时代末期的大殿仍然存在。内部也向公众开放,如果您仔细观察,您会发现在墙上挖出的佛陀和曼陀罗中残留有少量色素。从Reiwa的5月3日起,正殿正在恢复中,因此您可以同时看到主要图像和Fudo Myo。道路的另一侧有一个免费停车场。

5.02个月前

令我惊讶的是,国家宝库仍然存在。建筑物内的彩色绘画已经褪色,我不知道现在画了什么,但是在县历史博物馆,竣工时的想象色彩再现在实际的展位上,因此如果您以设置时,它在建造时会很豪华,您会为它的华丽而惊叹。

点评 (共0条)