富贵寺

日本的观光景点 富贵寺 的观光资讯/旅游信息


富贵寺4.2

去这里查询路线
最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本国宝富贵寺大堂周边满是红叶以及银杏树,人文景观与自然景观融为一体,是一定要来观赏的地方。每年草木变色的时节:11月中旬;每年观赏的最佳时节:11月中旬—12月上旬。传说国宝富贵寺是由一棵榧子树建造而成的。其旁边种植有众多银杏树,银杏叶变黄的时候吸引了众多的写真家以及游人前来参观。银杏叶掉落于地,地上就像是铺了一层金色的绒毯一样,甚是美丽。

目的面向年长者,面向日本通,神社/寺庙,艺术爱好者,赏枫,观光景点
最近的机场/车站福冈机场 (大约100.4公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

4.01个月前

是一座天台宗寺院。寺院古樸寧靜。也是楓葉的著名景點。古老的寺院見證六鄉滿山文化全盛時期僅存的建築。

5.02个月前

富貴寺的富貴大堂為九州現存最古老的木造建築,裡面的極樂淨土壁畫相當美麗,不過畢竟年代久遠有些損壞,可以去大分縣立歷史博物館看復原後的樣子。另外如果是楓紅季節去的話可以欣賞到美麗的楓葉

5.02周前

国宝の阿弥陀堂で年内は釈迦三尊でお参りできます。
この大堂は天台宗の常行堂だと思われますが内部は極楽浄土を表した彩色がされていて平等院鳳凰堂などと共に三大阿弥陀堂とも呼ばれているそうです。藤原氏ゆかりの平等院鳳凰堂や中尊寺金色堂は別格なので肩を並べるとは思いませんが同タイプが多く存在したのではないかと思える完成度の御堂でした。福島県の国宝白山阿弥陀堂と同じで南向きで西方浄土では建っていませんでした。

5.01个月前

九州紅葉と寺社仏閣(†教会)の5日間の4日目

国宝の富貴寺大堂は現存する九州最古の木造建築物(平安時代後期)で、平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつといわれています。美しい新緑や紅葉、雪景色など四季折々の風景が印象的な寺院です。11月20日現在 紅葉はまだ緑が残っています。

【期間限定】富貴寺大堂 阿弥陀三尊像御開帳 2019.12.31迄 拝観料 500円

本尊の阿弥陀如来坐像は、一体の姿で長年親しまれてきましたが、富貴寺本堂の改修に伴って脇侍(わきじ)の観音菩薩と勢至菩薩を伴った「阿弥陀三尊像」の姿で御開帳されている。約100年ぶりとなる富貴寺大堂の本来の姿が拝めるまたとない機会となっている。

5.01个月前

宇佐神宮の宮司である宇佐氏が祈願用に建てた寺院で、国宝に指定されている阿弥陀堂を有しています。
阿弥陀堂は現存する木造建築の寺院としては九州最古のお堂で歴史的にも貴重な一宇です。

点评 (共0条)