2019/10/12~10/14 (受大型台风19号的影响,中止10月12日的活动)岛田大祭(带祭)三年一次

日本的观光活动 2019/10/12~10/14 (受大型台风19号的影响,中止10月12日的活动)岛田大祭(带祭)三年一次 的观光资讯/旅游信息


2019/10/12~10/14 (受大型台风19号的影响,中止10月12日的活动)岛田大祭(带祭)三年一次4.1

去这里查询路线

 举办期间 2019年10月12日 ~ 2019年10月14日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

**由于超大型台风19号来袭,三天活动中10月12日的活动取消**

岛田市位于日本静冈县中部,大井川下游扇状平原要地。
有许多名胜古迹旅游较为发达,国家级文化遗产有木结构千手观音像、智满寺十支杉和岛田宿大井川川越遗迹等;县级有岛田市带祭和岛田鹿岛舞等。
岛田带祭是每三年(分别是虎年,蛇年,猴年,猪年)举行一次的大井神社的传统社祭,又名为“岛田大祭”,是为妇女祈福的节日,时间为10月中旬的3天。
岛田带祭起源于大井神社,几百年前凡是从外地出嫁到岛田的新媳妇,会穿着盛装和服到这神社参拜祈求安产,和服上绚烂的腰带,演变成现在带祭中的护送和服腰带的“大奴”,祭祀的人群组成的队伍身着华丽的服装在街上游行,他们在木太刀上挂着和服腰带祈愿妇女顺利生产,后边则是兜裆裤以外光溜溜。
由于衣着奇特,故此入选为日本三奇祭(冈山裸祭、吉田火祭、岛田带祭)、天下三大奇祭、东海三奇祭之一。

岛田带祭是集合了神轿巡游、大名古装队列、鹿岛舞蹈和花车为一体的节庆活动。
最后一天的所有的巡游往返竟然要用10个小时。

大名古装队列固然是华丽而壮观的,其中主角的25人为体格高大的男子“大奴”,他们左右各一把大木太刀,上面悬挂供奉安产的佛牌以及和服带子,发出独特的号子声,跳着右手划圆的奇妙舞蹈,缓步前行。
为了祈祷女人生育和安产,各种节庆巡游队伍都是男人为主,从早到晚在街上列队行走,而女人在游行行列中几乎不见。

节庆期间到访者约达到80万人,熙熙攘攘,甚是热闹。

日程:2019年10月12日至10月14日(每3年一次)
场所:静冈县岛田市
交通:JR岛田站,步行5分钟
驾车:新东名高速道路岛田金谷IC下,开车18分钟
停车场:大井川绿地公园停车场,免费

【届时节庆活动如有变更或是中止,请以主办方官网信息为准】

目的最爱祭典,交通方便,捧腹大笑,群舞巡游,传统民俗,神社/寺庙
最近的机场/车站岛田站 (大约0.4公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

5.01个月前

鳩がたくさんいます。売店で鳩のエサを買い、鳩に与えるのが楽しかったです。この神社自体も雰囲気があり、落ち着きもあります。のんびり過ごしたい人におすすめですよ。また4年に一度の秋に、「帯まつり」が開催されます。大奴が本通りを歩きます。そのお祭りでは、天狗がいろいろな色の紙をばらまくので拾いに行きましょう。拾う紙の色は金と銀です。早く拾いに行かないとなくなりますww金、銀の紙を拾うと幸せになれるそうです。

4.06个月前

昔ながらの地元の神社。初詣三ヶ日はお参りするのに行列ができます。一時間弱並ぶかな。境内には、昔ながらの駄菓子や、子供が遊べる昔ながらな遊具(ブランコ、滑り台、ジャングルジム)がありました。駐車場もありますが、初詣参拝の場合は狭いのでなかなかはいれません。段差などありますが、ベビーカーでも行くことができました。

4.06个月前

島田市の代表神社ですか。水の神を中心に祭っているようです。三島観光の最初に参拝しました。

境内は、綺麗に手入れされていて、お祓いなども頻繁に行われているもようです。
言い方が、良くわからないけど、繁栄?している神社のなのでは。
参拝後自分は、茶屋で甘酒を飲みながら野良猫観察を、一時間位にしてました。
のんびり境内で、生き物観察は和みます。

最寄り駅は、島田駅。歩いて五分位にかな。

5.05个月前

2020 1 9

本日、大井神社にて参拝させて頂きました。初めての参拝です。

大井神社には、島田駅から歩いて来ました。すぐに着きました🎵

大井神社は、歴史がありますね。重みを感じますね❗

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

大井神社は、創建については不詳ですけど、三代実録巻11において、貞観7年(西暦865年)『授駿河国正六位上大井神社従五位下』との記載があります。

『駿河記』(西暦1812年編纂)、『駿河志料』(西暦1861年)によりますと、ある時現在の川根本町大沢村より流されて島田に祀られたとされております。
はっきりと島田に鎮座の記録が残っているのは建治2年(西暦1276年)8月のことで、その後、大井川の度々の洪水によって神社の位置が変わったようです。慶長9年(西暦1604年)7月の大洪水で、島田の街と共に大井神社は現在の元島田の野田山へお遷しされております。

元和元年(西暦1615年)になり、島田の町も元の町並みに戻り、大井神社は現在の御仮屋町のお旅所たびしょの地にお遷しされました。

その後、大井神社より上流(大井川寄り)に民家が広がり、自分たちの生活汚水が氏神様である大井神社の方へ流れるのは申し訳ないという氏子からの請願により、元禄2年(1689年)現在の御社地にお遷しされました。これにともなって、元禄8年(1695年)からお御輿のお渡行わたりが行われるようになり、御仮屋の元境内は『お旅所』と呼ばれるようになりました。

その後、宝永5年(1708年)7月2日に正一位の御位階を賜り、正一位大井大明神と奉称され、さらに嘉永7年(西暦1854年)7月15日御位勅宣ちょくせんの御沙汰を拝し、称号を勅宣正一位大井神社と改めました。

以後、明治5年(西暦1872年)2月に郷社に、更に明治41年(西暦1908年)8月1日に県社に昇格、昭和41年7月1日に神社本庁より別表神社に加列されて現在に至っております。

御祭神が三柱共に女神様であらせられることから、昔から安産の神、女性や子どもの守護神として幅広く信仰されております。
また、生命生産の神、お清めの神・お祓いの神、そして江戸時代参勤交代の大名や、飛脚が旅の安全を祈願したことから、旅行安全、交通安全の神として篤い信仰を寄せられています。

5.03周前

いつも綺麗にしてあり冷厳あらたかだから