2019/1/3 筥崎宫玉取祭

日本的观光活动 2019/1/3 筥崎宫玉取祭 的观光资讯/旅游信息


2019/1/3 筥崎宫玉取祭4.0

去这里查询路线

 举办期间 2019年1月3日 ~ 2019年1月3日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

位于福冈市东区的筥崎宫和京都的石清水八幡宫、大分县的宇佐神宫,并称为日本三大八幡宫,其筑前一之宫是国有重要文化财产,祭祀着开运和胜利的神明。
每年1月3日筥崎宮为了祈愿丰收和丰渔,举行新春传统神事玉取祭,也被称为玉竞祭。
由氏子(信徒)按照地域不同分为“陆组”和“滨组”,来争夺直径28厘米,重达8公斤的「玉」(木球),来占卜一年吉凶的正月抢球活动。
这个庆典起源于500年前的室町时代,自古以来盛大隆重而且慎重地举行,不仅闻名全国,被称为九州三大祭,更是有名的裸身祭之一,是祈求五谷丰登和渔业丰收的新春传统活动,到访者达到5万人以上。

下午1点开始的“洗玉仪式”净化“阴”“阳”两个木球之后,玉取祭在本殿北侧的玉取惠比须神社正式开始。
身着兜裆布的300个信徒男子大冷天里,顶着被泼水的严寒,围绕一个木球“阳之玉”展开激烈争夺。
据说只要碰到阳之玉,并放到头上就能避祸避灾,得到幸运,因此信徒们互相激烈碰撞、抢夺的情景十分雄壮热烈,光是看着也觉得很有意思,现场人们的热闹喊声席卷全境。
从末宫到本殿250米的路上边竞争边前进,直到传递到在本殿等待着的神职者手中,阴阳二球汇合,奉于神明前,执行祈愿神事。
最终落入陆组之手的话预示着今年将是大丰之年,落入滨组之手则将迎来海上大丰收。

日期:2019年1月3日 13:00至14:30 绘马殿前进行洗玉仪式
然后把阳之玉(球)交给后东侧离着250米远的末宫 玉取惠比须神社,抢球活动开始。
会场:玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
地址:福冈市东区箱崎1-22-1
露天摊贩:约120间
交通:福冈市营地铁 箱崎宫前站1号口,步行3分钟
JR鹿儿岛本线 箱崎站下车,步行8分钟
西铁巴士 箱崎下车,步行3分钟
JR九州巴士 箱崎1丁目下车,步行2分钟


目的最爱祭典,交通方便,惊险刺激,能量景点,神社/寺庙,观光,边走边吃
最近的机场/车站箱崎宫前站 (大约0.3公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

3.03周前

很好

5.01年前

三大八幡之一

4.02年前

筑前国一宮

5.03周前

巡礼地です!

筥崎宮の由緒
筥崎宮は筥崎八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられます。
御祭神は筑紫国蚊田(かだ)の里、現在の福岡県宇美町にお生まれになられた応神天皇(第十五代天皇)を主祭神として、神功皇后、玉依姫命がお祀りされています。創建の時期については諸説あり断定することは困難ですが、古録によれば、平安時代の中頃である延喜21年(西暦921)、醍醐(だいご)天皇が神勅により「敵国降伏」(てきこくこうふく)の宸筆(しんぴつ)を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立し、延長元年(923)筑前大分(だいぶ)宮(穂波宮)より遷座したことになっております。創建後は祈りの場として朝野を問わず篤い崇敬を集めるとともに、海外との交流の門戸として重要な役割を果たしました。
おはじき 鎌倉中期、蒙古(もうこ)襲来(元寇)のおり、俗に云う神風が吹き未曾有の困難に打ち勝ったことから、厄除・勝運の神としても有名です。後世は足利尊氏、大内義隆、小早川隆景、豊臣秀吉など歴史に名だたる武将が参詣、武功・文教にすぐれた八幡大神の御神徳を仰ぎ筥崎宮は隆盛を辿りました。江戸時代には福岡藩初代藩主黒田長政、以下歴代藩主も崇敬を怠ることはありませんでした。明治以降は近代国家を目指す日本とともに有り、同18年には官幣中社に、大正3年には官幣大社に社格を進められ、近年では全国より崇敬を集めるとともに、玉取祭や放生会大祭などの福博の四季を彩る杜(もり)として広く親しまれています。
イメージ
「敵国降伏」の宸筆(しんぴつ)
敵国降伏の御宸筆は本宮に伝存する第一の神宝であり紺紙に金泥で鮮やかに書かれおり、 縦横約18センチで全部で三十七葉あります。
社記には醍醐天皇の御宸筆と伝わり、以後の天皇も納めれられた記録があります。特に文永11年(西暦1274)蒙古襲来により炎上した社殿の再興にあたり亀山(かめやま)上皇が納められた事跡は有名で、文禄年間、筑前領主小早川隆景が楼門を造営した時に、亀山上皇の御宸筆を謹写拡大したものが掲げられています。

4.01个月前

筥崎宮は全国に4万社あるといわれている武運の神を祀る八幡社の一つ、高い社格を誇り宇佐、石清水と並び日本三大八幡に数えられているとか、平安中期に醍醐天皇から「敵国降伏」の宸筆(しんぴつ)を下賜され社殿を造営しました
鎌倉中期には実際に元軍の襲来を受け社殿は炎上しましたが、突然の暴風により多くの元船が沈み、神風が吹いたと喧伝され、多くの武将の崇敬を集めました、その後も幾度かの戦乱に会いましたが、その都度、再建復興されています
博多湾から直線の参道が、4つの鳥居をくぐって伸びています、中でも一ノ鳥居は黒田長政によって築かれた石造の鳥居、戦いの神を祀る社らしく武骨ながらも力強さを感じますね
現在の本殿、拝殿は大内義隆の再建、楼門は小早川隆景の建立で、国の重要文化財に指定されています、本殿は正面の柱間が九間ある九間社流造という形式、赤が映える壮麗な社殿ですね
ホークスも開幕前に、ここで必勝祈願をするのが恒例になっています

周边景点

大约3公里
大约5.4公里
大约11.8公里
大约23.9公里
大约33.3公里
大约34公里
大约42公里
大约49.9公里
大约50.4公里
大约58.1公里