2018/10/12~10/14 赞岐丰滨太鼓花车祭

日本的观光活动 2018/10/12~10/14 赞岐丰滨太鼓花车祭 的观光资讯/旅游信息


2018/10/12~10/14 赞岐丰滨太鼓花车祭3.1

去这里查询路线

 举办期间 2018年10月12日 ~ 2018年10月14日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

赞岐山在香川县境内由东向西逐渐低缓,伸向濑户内海的临海处,在这赞岐山临海处的北侧,就是香川县西端三丰郡的观音寺市丰滨町。
这个面海的小城里,一年一度10月的第二个周五始三天期间,热火朝天地盛大举行赞岐丰滨太鼓花车祭,祈祷五谷丰登和渔业丰收。
对观音寺市来说,是要举全市之力办好的精神祭典。
太鼓花车“Chohsa”——是用金线、银线的刺绣装饰成为太鼓台的23台花车。
每个地区花车都承载着的历史和传统,高约5米,重达2吨的金碧辉煌的花车“Chohsa”是地区的骄傲。
参与汉子都穿着整齐的“法被(一种传统披挂的服装)”抬着“Chohsa”,一边敲打太鼓,一边在“御旅所(休息地)”、广场进行抬花车比赛,在地区内游行。
要操纵巨大的“Chohsa”花车不是一件容易的事,需要指挥和太鼓手和抬轿手一心同体去运作。
夜晚点亮提灯,更加梦幻般地狂欢乱舞。“Chohsa比赛”是祭典的亮点。

时间:2018年10月12日~10月14日 9:00~22:00
到访人数:5万人
地点:香川县观音寺市丰滨町一带 丰滨八幡神社、一宫神社等
交通:JR予赞线观音寺站,车行20分钟;或是丰滨站,步行15分钟
驾车请上高松自动车道,大野原IC下至国道11号,车行5分钟

目的最爱祭典,体验,神社/寺庙,观光,游玩
最近的机场/车站丰滨站 (大约1.1公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

4.04个月前

鎌倉時代に讃岐に流された高野山の高僧道範が、ここで
【和歌】 楠の木も 本のさとりを ひらきつゝ 仏の身とも 成りにけるかな」と詠んでいます。
無量の寿命、無量の光を放ち、一切を見通す阿弥陀仏を楠の幹に彫り込むことにより、木ではあるが悟りを開いて仏と成り、先の梢まで緑となって大いに栄え枯れることがない。私もそうありたいものだ。
ということでしょうか。
「比女の八幡」は、現在の豊浜八幡神社です。今も大楠や老松の社叢に囲まれており、香川県保存木に指定された大楠もあります。生木に仏を彫り出すことは、修験者達がよく行った行で全国各地でしばしば行われています。中姫の生木地蔵(観音寺市大野原町)でも、樹齢一二〇〇年と推定される大楠の洞に地蔵が彫られています。
 
道範は高野山を代表する学匠であったようで、流刑の身でありながら善通寺の庵から各地の寺社などをよく訪ね巡っています。1249(宝治三)一〇月には、遠く伊予国まで出かけています。伊予国寒川(愛媛県四国中央市寒川町)の地頭・小河祐長から求められて、新たに建立した堂の三尊像供養の導写師を勤めるための旅の途中に、「比女の八幡」に参拝しました。
ちなみに、現在の安芸の宮島厳島神社の朱塗りの鳥居の木材は、ここから船に弾かれて運ばれた巨樟だと説明板には書かれていました。

4.01年前

通りすがりですが、立派な神社にビックリ。
近くの海の眺めとても素晴らしいです。

5.01年前

名の通り源氏ゆかりの

八幡神社の1つ

5.01年前

4.01年前

周边景点

大约20.2公里
大约24.1公里
大约28.1公里
大约35.9公里
大约41.8公里
大约47.2公里
大约48.3公里
大约50.5公里
大约55.9公里