7/27~7/28 真鹤贵船祭

日本的观光活动 7/27~7/28 真鹤贵船祭 的观光资讯/旅游信息


7/27~7/28 真鹤贵船祭3.7

去这里查询路线

 举办期间 2019年7月27日 ~ 2019年7月28日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

位于神奈川县西南部的真鹤半岛,就像是一只展翅的仙鹤,突出在相模湾上,是人们喜爱的海边度假胜地,最适合垂钓、潜水等。

平安时代中期、宽平元年(889年)创建的贵船神社在明治时代之前被称为贵宫大明神,与相模和伊豆海岸地区较多的来宫属于同一个系统。
贵船神社的例大祭“真鹤贵船祭”指定为日本重要无形民俗文化遗产,作为日本三大船节中的一个,很多游客慕名从县内外造访。
每年7月27日~28日这两天举行,祈愿渔业丰收与出海安全,真鹤港以及真鹤町市街为舞台欢度庆典,交织着大海男儿精神饱满的呐喊。
神明乘坐的轿子----神輿会由神社出发,渡海往市街里出巡。
市街内彩车出巡,重达60公斤的彩车,抬轿的人必须要相当的臂力才行,因此自古被视为是一种力气的较量。
民众手腕上带着祭典用的手套与三色色带,跳起鹿岛舞,舞蹈队伍在镇上巡回。
突出了勇敢和华丽的氛围,同时也展示了古代祭典的传统。在这样一个海与山围绕的风光明媚之地,进行庄严的祭典。

第一天祭典是供奉鹿岛舞和神舆船(神轿船)下海仪式。
在碧蓝大海的映衬下,被艳丽纸花和金色短笺装扮得绚烂多彩的船只格外夺目。
从东西两海岸,各将一艘“小早船”(船名)浮到水面上,举行下水仪式之后,在由渔夫们划动船浆的“櫂传马”(船名)的牵引下,小早船、神轿船、奏乐船将一起入海,进行海上出轿。
载着神职人员的神輿船和豪华的花形的小早川出港后,民众们欢声齐跃动。
神輿船等对岸的贵船神社度过,迎接神輿回港的仪式举行。
第二天庆典是彩车(花山车)、鹿岛舞团的串街舞蹈、抬神輿(神轿)等精彩活动。
傍晚将神舆抬进海里举行净化仪式、鹿岛舞团在神殿里献舞以后,把神舆船迎回贵船神社。
夜晚在真鹤港还有1000发的烟花照耀夜空,将祭祀推向最高潮。

交通方式
开车
从东京方面:东名高速公路厚木IC> 小田原厚木道路”小田原西IC”> 西湘辅助通道”石桥IC”> 国道135号线”真鹤”
从名古屋方面:东名高速公路”大井松田IC” > 国道255号线”经过小田原”> 国道135号线”真鹤”铁道

铁道
[东京站]-–JR东海道干线-–[真鹤站](约1小时43分)
[东京站]-–JR新干线Hikari,-–[热海站]-–JR快速Acty-–[真鹤站](约1小时8分)
[东京站]-–JR新干线Kodama-–[小田原站]-–JR东海道干线-–[真鹤站](约56分)

[名古屋站]-–JR新干线Kodama-–[热海站]-–JR东海道干线-–[真鹤站](约2小时25分)

【届时节庆活动如有变更或是中止,请以主办方官网信息为准】

目的最爱祭典,群舞巡游,能量景点,海滩,传统民俗,夜景,日本的烟火,神社/寺庙,观光景点,超主流
最近的机场/车站真鹤站 (大约1公里) 查询路线

评论

4.05个月前

真鶴の海岸線にある神社です。パワースポットと御朱印巡りで伺いました。境内もとても綺麗でした。御朱印もとても丁寧に対応して頂きました。通常御朱印と貴船まつりの限定御朱印の2種類ありました。

4.01个月前

熱海の帰りに寄りました。厳かな雰囲気~。御朱印を頂いて来ました。社務所横が保育園かな?元気な子供達が遊んでいました。今度は祭りの時に是非とも行ってみたいなぁ♪

3.02个月前

昔、家族旅行で伺いました。静かな所でした。確か同じ敷地に幼稚園かな?あったと思います。
毎年7月27日、28日(平日、土、日、祝日、関係無く)貴船祭りが、行われます。昔に比べて出店の店舗が少なくなりました。

4.01年前

同じ神奈川県に住んでいながら、これまで参拝をしたことが無かった。京都の貴船神社とは関係が無いことをここに来て初めて知った次第である。立派な大階段を登って参拝する。結構な高さである。境内は小ぶりながらもよく整備されていて気持ち良い。ありがたくお参りさせていただいた。
昨年の夏だったが、当日はたまたま祭礼の前日だったそうで、港にはキレイな飾りをしつらえた船が浮かんでおり目にすることが出来て幸運だった。キレイなもんですぞ。この付近は道が細いので車も歩行者のかたも充分に気をつけてお参り下さい。

4.011个月前

名前と祭神様に呼ばれて来たけど、いいね🎵

周边景点

大约6.3公里
大约8.9公里
大约9.4公里
大约9.7公里
大约11.3公里
大约11.4公里
大约12.1公里
大约12.5公里
大约12.6公里