2018/8/12~8/13 烧津神社大祭(荒祭)

日本的观光活动 2018/8/12~8/13 烧津神社大祭(荒祭) 的观光资讯/旅游信息


2018/8/12~8/13 烧津神社大祭(荒祭)3.4

去这里查询路线

 举办期间 2018年8月12日 ~ 2018年8月13日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

烧津神社大祭(荒祭Ara Matsuri)被称为东海(东海地区)头号荒(Ara)(热闹)节日。从8月12日到13日每个夏天在烧津神社举行。每年8月14日,在烧津大祭之后,您可以欣赏到非常美丽的烧津海上烟花。从19:30 - 20:30左右,5000发烟花将点燃烧津新港区的夜空。
日本武尊发源的烧津神社是1600年前创建的,主生意繁荣、家宅平安、出海安全,深受本地民众信任。
超过300人神役巡游队列,再加几千个白色装束的年轻人簇拥着神轿在烧津市内缓步前进,喊着不寻常的喊声“anetton”。你可以听到一整天都在喊这个词的人。
队列中的神役在神道上边净化清洁好几次,边缓缓前进。从烧津神社早上10点出发,到晚上11点为止,途径烧津市4个巡游点,神轿要走6.5公里。
荒祭的威严和粗狂使人瞩目,但荒祭的“荒”并不是粗狂和暴戾的意思,而是朴素、纯粹的心态对待信仰的神的意思。
祭祀的衣裳是上下皆纯白。和日本过期的底色白色相同,代表清纯。参加这个祭祀就是要净化身心。

烧津神社距离烧津站仅13分钟的步行路程。
烧津新港烟花从烧津站徒步15分钟。

目的最爱祭典,惊险刺激,一生难忘,面向男性,神社/寺庙,游玩
最近的机场/车站静冈机场 (大约14.5公里) 查询路线

由我们为您向导此景点

评论

3.0本周

雰囲気が大変よく、一人の神職を除いて丁寧な対応をしてくださいました。
片岡鶴○郎似の神職、御朱印を頂いた際面倒臭そうに対応され、私が「ありがとうございました」と言っても無視をされました。
神社の雰囲気が良い為に、余計残念です。
神社へお参りに出掛けて、こんな嫌な思いをしたのは、産まれて初めてです。
(2019.4.13 午後4時頃)

5.02个月前

2019 2 5

本日、焼津神社にて参拝させて頂きました。初めて来ました。焼津駅から歩いて15分くらいですね。近くて良かった🎵

焼津神社は、古くからの歴史がある神社ですね。宮司さんが祝詞をあげております。神社に来たという実感が沸きますね。

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

焼津神社

『日本書紀』『古事記』の伝説によれば、ヤマトタケル(日本武尊/倭建命)は天皇の命で東征し、その途上で賊の火攻めに遭った。しかしヤマトタケルは草薙剣で草を薙ぎ、さらに向い火をつけて難を逃れた。これによりその地は「ヤキツ」(紀は焼津、記は焼遣と表記)と称されます。この火難伝説地が静岡県焼津地域に比定され、焼津神社はその事跡を伝える神社とされております。

社伝では、景行天皇(第12代)40年7月に日本武尊は東征に際して当地で野火の難を逃れたとし、のち反正天皇(第18代)4年に日本武尊の功徳を敬って神社が創建されたとされております。

創建伝承にあるように、焼津神社はヤマトタケル東征の事跡を伝える神社とされます。しかし今日までの研究では、ヤマトタケルは元より実在の人物ではなく、『日本書紀』『古事記』の伝える伝説は各地の伝承を1人の人格にまとめたものとされております。両書に記載される地名起源説話も実際には実在地名を逆に下地にした例が多いことから、焼津の起源説話に関しても「ヤキツ」が先行地名として存在したものと推測されます。先行地名としての「ヤキツ」の由来は一説に、焼津地域が天然ガスの埋蔵地であることから、これがいつの時か引火して燃え続けたことによるとされております。

4.02个月前

初詣として訪問させて頂きました。
焼津らしく大漁旗があり色鮮やかで素敵でした。普段は御朱印もありますが込み合うので年末年始は既に用意されているものを頂く形でした。

4.01个月前

青鷺が巣作りしている歴史ある神社
昭和19年(戦時中)に建て替えられたというのは凄い

5.02个月前

焼津の鎮守、焼津神社、旧称は入江大明神。社伝によると反正天皇の頃、だいたい1,600年以上の歴史があり、日本武尊を敬って創建された。境内には日本武尊の像が立つ。
初詣、節分の豆まき、幟担ぎなどには、多くの人が参拝に訪れるため、近隣に臨時駐車場が設けられます。また行事の中でも荒祭は凄い。白装束の集団が、掛け声をかけながら神輿を担ぎ、町を練り歩きます。
荒祭期間中は金と銀の文字で荒祭と書かれた、2種類の特別御朱印を頂くことができます。仕方のない話ですが、御朱印帳に直接頂くのではなく紙での頒布となってしまうのが残念です。