4/30~5/6 府中 ”暗闇祭”

日本的观光活动 4/30~5/6 府中 ”暗闇祭” 的观光资讯/旅游信息


4/30~5/6 府中 ”暗闇祭”4.1

去这里查询路线

 举办期间 2019年4月30日 ~ 2019年5月6日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

每年的4/30~5/6,会举办府中市中心的大国魂神社的祭祀活动。作为日本的奇祭广为周知,甚至被指定为东京的无形文化财(文化古迹)。

本来神社的祭祀活动多在深夜举行,最高潮的部分「神舆」自然也在出现在深夜。
考虑到参观者的安全,时间现在虽然移到了傍晚,现场雄壮的姿态未曾改变。

日本被供奉的神,大致分为六类,在多摩地区称为武藏六社。而大国灵神社是六社的中心。
日本祭祀活动中称神所乘坐的轿子叫“神舆”,一共有8台,其中7台“神舆轿子”相互挤嚷的出行场面也是相当雄伟。
另外还有日本少有的巨大太鼓,山车巡回也是一大看点。
最受瞩目当属5月5号傍晚开始的“神舆渡御”(神轿出巡),是高潮所在。还有祭祀舞蹈等等祭祀仪式,还有盆栽市场(跳蚤市场)之类的都是”暗闇祭“的特色活动。

※新宿站到京王线府中站下车,从车站走步行约5分钟。

目的最爱祭典,必去景点,交通方便,异次元超现实,世界遗产,可以跟朋友炫耀,面向家庭,第一次来日本玩,神社/寺庙,艺术爱好者,观光景点,超主流,第二次来日本玩
最近的机场/车站府中站 (大约0.6公里) 查询路线

评论

5.01年前

[延喜式内社]武蔵國 多磨郡 大麻止乃豆乃天神社

武蔵國総社

5.02年前

天然理心流曾在此举办过剑道比赛

5.01年前

神秘的‼️

5.02年前

大国魂大神

5.01个月前

10数年振りにお詣りしました。
大國魂神社には、数回参拝に出掛けています。神道に精通された方が、結界の意味も知らなかった私に、神社ではお願いをするのではなく、日頃の感謝の気持ちをお伝えするのが、参拝の作法であると教えてくださったことがありました。20年以上前のことです。
その方の仕事場から遠くない所に鎮座していたのが、大國魂神社でした。
そのころの私にも静謐な空間に身を置いている感覚はありました。しかし、お詣りする人々の篤く、切実な信仰心を想像することはできていたとしても、その祈りの深奥にまで想いを寄せることはなかったと思われます。いつの頃からか、人々の素朴な祈りに共感するようになって、関心を深めていったような気がします。
本殿裏手に榊が植えられていることや、ご神木(樹齢1000年以上と言われているイチョウ)ということで、注連縄が巻かれている意味を知ったのも、こちらの神社でした。記念すべき神社と言えるかもしれません。

御祭神は、大國魂大神(おおくにたまおおかみ)です。出雲大社の大国主神(おおくにぬしのかみ)と同神とされています。創建は、約1900年前(111年)のこと。「東京五社」(明治神宮、日枝神社等)の一社であり、武蔵の国の一宮から六宮までを合せて本殿に祀っているため、「武蔵総社六所宮」とも呼ばれている由緒と歴史と格式のある神社です。縁結び、厄払い、厄除け等の神様です。
こちらの神社を参拝すると、東京、埼玉、(神奈川の一部を含む)全ての神社に参拝したに等しいとも言われているようです。「総社」たる由縁です。
大國魂神社では、一宮は多摩市の小野神社であり、大宮氷川神社は三宮に位置付けられています。5月5日の例祭の祈祷には、大宮氷川神社の神官が「三宮」として参じています。
(叡智が感じられます。)

別の角度から見た場合ですが、「総社」である大國魂神社と「武蔵一宮」である大宮氷川神社は、陰陽ペアにあるという言い方をされることがあるようです。

4月30日~5月6日にかけて、関東三大奇祭のひとつである「くらやみ祭」(東京都指定無形民俗文化財)が行われています。祭り、儀式のオンパレードです。山車あり、流鏑馬あり、神輿あり、太鼓の饗宴あり等々。数十万人もの見物客が訪れるのも頷けます。
5月5日は、年中行事で最も重要な祭儀が執り行われます。「例祭」です。
例祭の儀以降が、祭りのクライマックスでしょう。諸々のお清めなどの儀式が済むと、非公開で、「動座祭」である、御霊を御本殿から神輿に移すことを神前に報告する祭典があります。次に、「御霊遷の儀」である、各神輿に本殿から御霊を移す神事が、非公開で行われます。
大太鼓と共に繰り出した8基の神輿は、翌朝には神社に戻ります。
還ってきた神輿から御霊を本殿に納め、無事大祭が終了したことを報告する祭典「鎮座祭」(非公開)をもって、「くらやみ祭」の終わりとなります。(HP参照)

府中本町駅で下車された方は、新しい鳥居をくぐって道なりに歩いていくと、いきなり拝殿がある境内に入ってしまいますので、お気を付けください。
旧甲州街道沿いにある大鳥居まで足を延ばし、神社参拝の手順を踏んでください。