3/27~3/28  千躰(tǐ)荒神 春之大祭

日本的观光活动 3/27~3/28  千躰(tǐ)荒神 春之大祭 的观光资讯/旅游信息


3/27~3/28  千躰(tǐ)荒神 春之大祭2.9

去这里查询路线

 举办期间 2020年3月27日 ~ 2020年3月28日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本民俗信仰里有许多守护神,可大致分为灶神的三宝荒神、屋外的屋敷神、宗族神的地荒神、以及牛马守护神等类型。
火神和灶神特别受人信仰,从日本宗教神道教来看,火在一定程度上早已经被神化了,火神作为日本八百万神之一,他具有日本神的共性。
日本民间所祭祀的火神具体名为产火灵神,灶火被赐予神名,此神又被称为荒神,既是灶神也是一家之神,每年都会有许多参拜者前来祈福祷告。
把从寺里求来的护身符供奉在家中的厨房或神龛里是当地祭祀的风俗习惯,以保衣食住行大吉大利,家人平安和繁荣。
由于要赶走厄运灾害,所以守护神的样貌非常凶恶。

海云寺的千躰(tǐ)荒神春大祭当日荒神堂一天都会燃烧护摩木,并会有家宅保平安的护身符发放,也有各种零食小吃摊。
从寺内一直到青物横丁站为止,路边摊林立,参拜者人头涌涌,非常热闹。
转转这些小吃摊,感受一下根于日本老百姓生活的祭祀日风景,和体验古代东京生活气息。

海云寺:东京都品川区南品川3-5-21
交通:青物横丁站东口即是。
大祭:每年春祭(3月27日〜28日)和秋祭(11月27日〜28日)

【届时节庆活动如有变更或是中止,请以主办方官网信息为准。请恕本站没有答疑服务。】

目的最爱祭典,交通方便,能量景点,传统民俗,神社/寺庙,艺术爱好者,观光景点,第二次来日本玩
最近的机场/车站青物横丁站 (大约0.1公里) 查询路线

评论

5.04个月前

〔龍吟山 海雲寺(三宝荒神堂)/Kaiunji Temple Temple (Sanpou-Koujin Shrine)〕
江戸時代後期に刊行の『江戸名所図会』にも描かれた名所です。旧東海道の散策の折に立ち寄ると、結構 感動します。

<鍋島家を助けた千躰荒神様>
江戸時代初期に勃発した島原の乱(寛永14年(1637年)~寛永15年(1638年))の鎮圧に、徳川幕府は鎮圧に動きました。

幕府軍として、鍋島直澄公 が戦に出掛ける前に、荒神が原に祀られていた千躰荒神様に戦勝祈願をしました。

不思議なことに、戦には千躰の荒神様が現れ、戦いに勝利しました。後に、高輪の江戸下屋敷に祀られた後に、海雲寺に遷座して祀られています。

<かまどの神様>
千躰荒神様の 名称は、「千躰荒神王」ですが、かまどや台所の神様として、江戸時代から庶民の信仰を集めていました。

〔アクセス〕京急 青物横丁駅 徒歩3分
※駅前の南側の路地を、ガード下に沿って歩くと、お寺の屋根が左手に見えてきます。
参照⇒三宝荒神堂

4.04个月前

このお寺の鎮守千躰三宝大荒神は火と竈の神様で、お札を台所の神棚にお祀りします。春と秋の例祭には大いににぎわいます。山門の先にある立派な建物は本堂ではなく、千躰荒神堂です。その隣に、十一面観世音菩薩を祀る本堂があります。

4.02个月前

台所の神様、荒神様を祀っています。 都内に荒神様は3箇所ありますが、火を司るとされているので、お祀りすると火事よけや家内安全にご利益があるということで、毎年正月に古いお札を持ってお札を頂きにゆきます。
駅からすぐですし車で行っても境内や近所のコインパーキングに止められます。
電車で行って、北品川から旧東海道をぶらぶら歩いてここで御参りするのがお勧め。街道沿いに神社がたくさんあり、七福神巡りができます。
この辺は年を追うごとに旧東海道の風情を取り戻すようにして逆再開発されているのが面白いです。

3.05个月前

1251年不山が近くの海晏寺内に建てた塔頭庵瑞林に始まると伝えられる。当初臨済宗に属したが、1596年五世分外祖耕により海晏寺から独立して曹洞宗に改められ、1661年海雲寺に改名した。

4.05个月前

旧東海道沿いにあるお寺。こじんまりとしてますがとても歴史を感じることができると思います

周边景点

大约1.9公里
大约2.2公里
大约2.3公里
大约2.8公里
大约2.9公里
大约3公里
大约3.2公里
大约3.4公里
大约3.4公里
大约3.5公里
大约3.6公里
大约3.8公里