3月27日・28日 千躰(tǐ)荒神 春之大祭

日本的观光活动 3月27日・28日 千躰(tǐ)荒神 春之大祭 的观光资讯/旅游信息


3月27日・28日 千躰(tǐ)荒神 春之大祭3.8

去这里查询路线

 举办期间 2018年3月27日 ~ 2018年3月28日

最佳旅游时间1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本民俗信仰里有许多守护神,可大致分为灶神的三宝荒神、屋外的屋敷神、宗族神的地荒神、以及牛马守护神等类型。火神和灶神特别受人信仰,从日本宗教神道教来看,火在一定程度上早已经被神化了,火神作为日本八百万神之一,他具有日本神的共性。日本民间所祭祀的火神具体名为产火灵神,灶火被赐予神名,此神又被称为荒神,既是灶神也是一家之神,每年都会有许多参拜者前来祈福祷告。把从寺里求来的护身符供奉在家中的厨房或神龛里是当地祭祀的风俗习惯,以保衣食住行大吉大利,家人平安和繁荣。由于要赶走厄运灾害,所以守护神的样貌非常凶恶。

大祭当日会有家宅保平安的护身符发放,也有各种零食小吃摊。
转转这些小吃摊,感受一下根于日本老百姓生活的祭祀日风景,和体验古代东京生活气息。

海云寺:青物横丁站东口即是。
大祭:每年春祭(3月27日〜28日)和秋祭(11月27日〜28日)

目的最爱祭典,交通方便,能量景点,神社/寺庙,艺术爱好者,观光,第二次来日本玩
最近的机场/车站羽田机场(东京国际机场) (大约7.6公里) 查询路线

评论

4.04年前

曹洞宗

江戸三十三観音番外寺
平成24年8月28日巡拝

5.06年前

千躰荒神王御開帳 3/27.28 11/27.28

5.0本周

1251年臨済宗の草庵を開き、1596年に曹とう宗に改める。海晏寺という寺で今より少し北にあったようだが現在の社名になった。北条時頼が寺を建てたことで海が静まったという話もあるが、このお寺のことかは?

千体荒神は天草の乱で鍋島甲斐守直澄が守られたことで、江戸に戻ってから1770年にお寺に勧請した。

観音様は鮫のお腹から出てきたと伝えられ、北の地を鮫洲という。浅草寺さん、真成院さん同様、観音様は海と深い関係があるんだなぁと。

平蔵地蔵も、大きな碑となって残り、乞食で辛い最期であっても半永久に人の心に残ることもあるんだなあと感慨深いですね。

観音堂は入れませんが、荒神像は堂内まで入って見れるようにスリッパが置かれています。受付も分かり易くなっていて、特に監視されてる感もなく、のんびりお参りできます。

4.02个月前

3月と11月の27日28日はお荒神さまのお札を貰いに青物横丁の旧、東海道の道は海雲寺辺り迄、朝市のような露店が並びにぎやかです
火の神さまなので台所と縁が深い様で、オコシがお釜形をして売られています。
お歳を召した方々が大勢御札をもらい、ゴマを焚いた所で魂を入れて貰い
台所に貼るようです。
東海道の2番目の宿場町だったので、お料理屋は火事をおきない様に守って貰ったようです。お札も300円と安価な気がします

5.01个月前

海雲寺には千躰荒神が本尊として鎮座しています。
一書曰く「千躰荒神堂 品川寺半町ばかり南、同じ海道の右の方、海雲寺といえる禅林にあり。本尊荒神の霊像は毘首羯磨天(びしゅかつまてん)の真作にして、昔九州肥後国天草荒神の原というにありしを、邪宗門一揆の頃、邪徒ら社を破却す。ゆゑありて当寺に勧請すといえり。霊験ありとて衆人つねに参詣す。毎月二十八日をもって縁日とす。祭礼は三月.・十一月ともに二十八日なり」と。
どうやら、この荒神像が移転された理由には、島原の乱が起きた頃に、キリスト教門徒らによって社殿を破壊されたためだとしています。また、像の製作は毘首羯磨天の真作としていますけど、それはあり得ません。毘首羯磨天とは、サンスクリット語のヴィシュヴァカルマンを音写で仏典に漢字化されたもので、インド神話では全ての物を設計したといわれる神様なのです。この一書は伝聞を基にして著されていますから、誤述になっても当時の情報社会では無理からぬことで、神話も実在もごちゃ混ぜなのが逆に面白いと思います。きっと、左甚五郎にみるような、伝説的名前を実在する工匠に重ねたのでしょう。でも、江戸の先人達は信じていたんですね。海雲寺は、京急線品川駅から三つ目の青物横丁駅を下車して直ぐの所に在ります。今も縁日と祭礼は同じ日です。

周边景点

大约1.9公里
大约2.2公里
大约2.3公里
大约2.8公里
大约2.9公里
大约3公里
大约3.2公里
大约3.5公里
大约3.6公里